古代米ブレンドって。。。。

そもそも、古代米をブレンドして食べる、
なんてことを知ったのは、2009年の1月のことでした。

2008年の暮れから通い始めたさいたま丸ヶ崎自然農の会で、
採れたばかりの自然農のお米を少しいただき、
うちで炊飯して食べてみたところ、

これが、おいしいのなんの・・・

ご飯というものに対する認識が180度変わった瞬間でした。

それまでも、黒米をいれて炊いたり、雑穀米にして食べたりはしていたのですが、
そういうものとも一線を画するのですね。

今まで食べていたご飯がなんだったんだろうと思うくらいに、
その自然農のご飯はおいしかったのです。

それから、2年間は自分でお借りした自然農の田んぼでお米を作りました。

そして、確信しました。
やはりこれはただのおいしいを超えていると思います。

なつかしさといいますか、
香りの奥深さといいますか・・・

これを食べていると、心まで満足するのを感じました。

秘密は、そこに一緒に入れる古代米の種類と比率なんです。
ただ、黒米を入れただけではこのおいしさにはならないのですね。

ただ、残念なのは、自然農の田んぼではたくさんの量は作れませんから、
このおいしいご飯を知っているのは、ほんの一握りの人しかいないのです。

そこで、2011年から広い田んぼが借りられるようになったのを機に、
同じようなお米を作って、販売したいと思ったのでした。

自然農ではないのですが、肥料も入れず、農薬除草剤も使わず、
自然農になるべく近い状態で作っているので、
かなりすばらしい出来になるのではないかと思っています。

古代米ブレンドについて書いたブログです。↓

http://onishinouen.blog98.fc2.com/blog-category-6.html